タイ国内からのプーケット入りの条件が緩和されます

タイ国内からのプーケット入りの条件が緩和されます。これは10月16日からの予定です。

現在はタイ国内からプーケットに入る場合であっても、ワクチン接種の証明書及びPCR検査などの陰性証明書かATKテストキットの持参が必要ですが、10月16日からワクチンを完全接種した証明書があれば陰性証明書は必要無くなります。

これに伴い同日からプーケット県内の離島ツアーでは陰性証明書は必要無くなります。(コーラル島、ラチャ島、マイトン島)

なおワクチンの接種証明書が提示できない方は、1週間以内に発行されたPCR検査等の陰性証明書が必要です。

お子様について
予防接種を受けることができない、または予防接種を待っている7〜18歳の子供は、7日以内にPCRまたは抗原検査(ATK)法によって陰性である証拠を提示する必要があります。6歳以下の子供はPCR検査結果は必要ありません(両親または保護者と一緒に旅行する場合)。

なお陸路入県の検問所であるプーケットチェックポイントで、自分のATKテストキットを持参してコロナのテストを実行することはできなくなりますが、チェックポイントの「プライベート感染検出サービス」は引き続き行われるそうです。

プーケット入県のための条件(いずれかに該当)

  • シノバックの2回の接種
  • シノファームの2回の接種
  • シノバックの1回+アストラゼネカの1回の接種
  • アストラゼネカ2回の接種
  • スプートニクV-2回の接種
  • mRNAワクチンの2回の接種
  • または到着の少なくとも14日前にJohnson&Johnsonワクチンを1回接種、または到着の少なくとも14日前にファイザーワクチンを1回接種した18歳未満の人
  • 90日以内にコロナの症状から回復した人(証拠が必要)
  • ワクチンを接種していない場合は7日以内発行の陰性証明書が必要

プーケットに入るすべての人は、gophuget.comオンライン登録システムを介して事前に旅行の詳細を登録し、MorPromアプリをダウンロードしてインストールする必要があります。



プーケットゴールドトラベル
ホームページ

問い合わせ先 日本語デスク カズ
メール mail@phuketgoldtravel.jp
LINE lovepgt-japan
電話日本語直通 +66 (0) 963951424