2022年7月からのタイ入国に関して

要約
2022年7月1日からタイ入国に関しては、事前の登録が必要無くなります。また今まで必要だったコロナ保険の加入も必要ありません。
入国の際にはワクチン接種証明書、ワクチン未接種の方は渡航72時間以内に発行されたPCR検査又はATK検査の陰性証明書が必要になります。




以下タイ観光庁(TAT)のホームページから

到着前の要件

ワクチン接種を受けた旅行者は、タイに入国するために次の書類を持っている必要があります。

  • 有効なパスポート、または国境検問所を経由して到着するための国境パス。
  • COVID-19ワクチン接種の証明書
    • 18歳以上のすべての人は、タイに旅行する少なくとも14日前に、承認されたワクチンでCOVID-19の完全なワクチン接種を受ける必要があります。
    • 同伴者なしでタイに旅行する5〜17歳の旅行者は、タイに旅行する少なくとも14日前に、承認されたワクチンを少なくとも1回接種する必要があります。両親と一緒に旅行する人は、この要件を免除されます。

ワクチン未接種/完全ワクチン未接種の旅行者は、タイに入国するために次の書類を持っている必要があります。

  • 有効なパスポート、または国境検問所を経由して到着するための国境パス。

到着要件について

タイに到着したら、すべての旅行者は体温チェックを含む入国審査を受け、チェックを実施するために必要な書類を入国管理局/健康管理官に提示する必要があります。

その後、ワクチン接種を受けた旅行者は入国が許可され、王国のどこにでも自由に行くことができます。*国境パスを使用した陸路での到着の場合、指定されたエリア内でのみ3日以内の滞在が許可されます。

同様に、旅行から72時間以内にRT-PCRテストまたはプロのATKの結果が陰性であることが証明された、ワクチン未接種/完全ワクチン未接種の旅行者は入国が許可され、王国内のどこにでも自由に行くことができます。

旅行から72時間以内に検査結果が陰性であるワクチン未接種/完全ワクチン未接種の旅行者は、到着時に健康管理官が適切とみなす公衆衛生の指示とガイドラインに従う必要があります。発生するすべての費用は旅行者の責任となります。

滞在中

タイにいる間、予防接種を受けた旅行者と予防接種を受けていない/完全に予防接種を受けていない旅行者の両方が、健康と安全の基準に厳密に従うことをお勧めします。COVIDのような症状を経験している旅行者は検査を受ける必要があります。検査結果が陽性の場合は、適切な治療を受ける必要があります。

以下は日本大使館のお知らせから

(変更点のポイント)
●外国人を含め、タイ入国のためのThailand Passシステムを通じた事前申請が撤廃。
●新型コロナの治療費等を含む医療保険への加入と同保険証の提示義務が廃止。
●ただし、入国時に、ワクチン接種証明書あるいは渡航前72時間以内に受検した陰性証明書の提示は引き続き必要。

1. ワクチン接種完了者(タイ政府が認可しているワクチンを規定回数接種した証明書を有する方)
(1)タイ入国時にワクチン接種証明書を提示してください(ただし、渡航日の14日前までに接種し、タイ保健省が認可しているワクチンを規定回数接種していること)(大使館注)。
(大使館注)タイ入国に際して、タイ保健省が認可しているワクチンと規定の接種回数は、こちらをご参照ください。
(2)タイ渡航前及び入国後のRT-PCR検査による陰性証明の提示が免除され、タイ入国後の健康観察期間(隔離)措置についても免除されます。ただし、入国後、渡航者自身が準備したATK検査キットで検査を実施することが推奨されます(大使館注)。タイ入国後の自己ATK検査で陽性が確認された場合は、タイ保健省が定める病院において再度検査及び治療を受けることになります。
(大使館注)タイ政府は、特に新型コロナが疑われる症状がある場合は、必要に応じて適切な治療を迅速に受けられるように、ATK検査の実施を推奨していいます。
(3)渡航する14日前までに、タイ保健省が認可しているワクチンを少なくとも1回接種し、接種証明書を有する未成年者(5歳以上18歳未満)は、ワクチン完全接種者と同じ条件で一人での入国が可能です。また、保護者同伴のワクチン未接種 / ワクチン接種未完了の未成年者(18歳未満)は、接種証明書の提示は不要であり、保護者と同様の条件で入国が可能です。

2. ワクチン未接種者/ワクチン接種未完了者(タイ保健省が認可しているワクチンを規定回数接種した証明書を持っていない方)
(1)タイ入国時に、渡航前72時間以内に受検したRT-PCR検査ないし専門機関による抗原検査の陰性証明書を提示してください(大使館注)。
(大使館注)自己ATK検査は認められておらず、病院等の医療機関において抗原検査を受検する必要があります。
(2)タイ入国後の健康観察期間(隔離)措置及びRT-PCT検査のいずれも免除されます。ただし、タイ入国後、渡航者自身が準備したATK検査キットで検査を実施することが推奨されます(大使館注)。タイ入国後の自己ATK検査で陽性が確認された場合は、タイ保健省が定める病院において再度検査及び治療を受けることになります。
(大使館注)タイ政府は、特に新型コロナが疑われる症状がある場合は、必要に応じて適切な治療を迅速に受けられるように、ATK検査の実施を推奨していいます。


個人的な意見として海外旅行保険に是非加入して旅行されることをおススメします。またクレジットカードに付帯している保険がその旅行に適用されるかの確認もお願いいたします。こちらでコロナに陽性になった場合1週間以上の滞在が求められます。


日本の入国に必要なタプーケットとカオラックでのPCR検査の無料予約

  1. 帰国に必要なPCR検査の無料予約
  2. カオラック方面PCR検査の無料予約


プーケットゴールドトラベル
ホームページ

問い合わせ先 日本語デスク カズ
メール mail@phuketgoldtravel.jp
LINE lovepgt-japan
電話日本語直通 +66 (0) 963951424